ナノマテ

Nanoマテリアる。=通称ナノマテはBL[ボーイズラブ]・TL[ティーンズラブ]・夢占いなど運営者izmの興味のあることを幅広く紹介する月間40万PVのブログです。

コレだけは読んどけ!人気のオススメBL漫画10選!

Pocket

2016年版!amazonで人気のBL漫画はコレだっ!全10選!

こんにちは、こんばんは、本日もナノマテをお読み頂きありがとうございます。
izm(いずむ@Nanoマテリアる。)です。
最近ナノマテでは(今すぐ読める!無料のBL漫画サイトまとめ!)の記事が一番アクセスがあるのですが、こうゆう記事を書く時って、事前の調査でサイトの中身も結構見るんですよ。なんならサイトを数日使ってみてから記事にします。(じゃないと詳しいレビューがかけないからね…)で、まぁ要するにそのBL漫画サイトを見ていて、ふと『女の子ってBL本買うとき本屋で買うのかな…』と、思ったわけです。んで調べてみたらネット(amazon)で買う人の方が若干多い感じがしたので、それならばっ!と思い、今回は“コレだけは読んどけ!人気のオススメBL漫画10選!”と題して、amazonのレビューを参考に、今人気のBL本を紹介したいと思います。

       

2016年版!amazonで人気のオススメBL漫画10選!

1位:宝井理人「テンカウント」(新書館)

テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)

やっぱりか….!どんなに僕がBLのBの字しか知らなくても、テンカウントの黒瀬くんの魅力は耳に入っておりますよ(笑)良く言われているけど1巻と2巻のギャップがすごい。どう凄いかはどうぞご自分で確かめてみて下さいね。因に僕はちゃんと全巻読んでます。宝井さんはBL界の風雲児ですよ。

2位:左京亜也「クロネコ彼氏の愛し方」(新書館)

クロネコ彼氏の愛し方 (1) (ディアプラス・コミックス)

この本凄く絵が綺麗ですよね。ページをめくってもめくっても、イチャイチャイチャイチャ。とにかく二人に幸せになって欲しいと思える美しい作品です。僕は一巻だけ読みました。

3位:紀伊カンナ「海辺のエトランゼ」(祥伝社)

海辺のエトランゼ (Feelコミックス オンブルー)

僕はこの表紙の雰囲気好きです。「受けとか攻めとかどうでもいい!かわいい男の子同士で泣いたり笑ったりイチャコラしたりすんの最高や!」この言葉にピンときた方には、自信をもってオススメします。(まんま言いたいこと書いてあったレビューがあったので拝借させて頂きました(笑))

4位:桜日梯子「年下彼氏の恋愛管理癖」(竹書房)

年下彼氏の恋愛管理癖 (バンブーコミックス Qpaコレクション)

はい、内容が薄いとウワサの年下彼氏の恋愛管理癖。僕はこれ読んだ事無いのですが、ネットで人気の割につまらないとレビューで叩かれております。是非事実確認した方は後で僕にこっそり貸して下さい…笑

5位:桜日梯子「抱かれたい男1位に脅されています。」(リブレ出版)

抱かれたい男1位に脅されています。  (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

ストーリー性が若干薄いと言われております当作品。タイトルとかはすごく今風ですよね〜。担当の編集の進行ミスなのかな。ぽっと出の作家と思われてしまっているみたいです。かわいそう。

6位:Guilt|Pleasure「IN THESE WORDS」(リブレ出版)

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

マンガ:咎井淳(US在住台湾人)、原作:Narcissus(US在住)による海外版アメコミ風BL漫画です。もはやサスペンスですが、BLとは別の物と割り切れば良い作品と言われております。

7位:ありいめめこ「ひとりじめマイヒーロー」(一迅社)

ひとりじめマイヒーロー (IDコミックス gateauコミックス)

そこまでガッツりな描写ではないので、初心者にオススメの一冊。絵がありなら読む価値はありますね。

8位:ヨネダコウ「囀る鳥は羽ばたかない」(大洋図書)

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129)

このシリーズが素晴らしいのは、登場人物がみな魅力的なところでしょう。皆が口を揃えてハマったという作品。表紙のガッツり受けでちょっと笑ってしまった。

9位:ヨネダコウ「それでも、やさしい恋をする」(大洋図書)

それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)

ゲイが普通の人を好きになるという王道ストーリー。ヨネダさんのファンは作家買いする様なコアなファンが多いですよね。主なファン層は20代〜30代の女性。

10位:嘉島ちあき「花とうさぎ」(海王社

花とうさぎ (GUSH COMICS)

通称うさぎの本。表紙の萌で購入する方が多い様子ですが、内容のヒネリが足りなく、従来の作品と似たり寄ったりと辛口目です。色使いや線の細さは美しい作品。

       

まとめ

今回は“コレだけは読んどけ!人気のオススメBL漫画10選!”と題して、amazonのレビューを参考に、皆が買っている人気のBL本を紹介しました。僕も全部読んだことある訳ではないのですが、個人的には、テンカウント、クロネコ彼氏の愛し方、海辺のエトランゼはとっっっても好きです!この記事を参考に、皆さんも是非お気に入りの作品を探してみて下さいね。むしろこの他にもオススメの本があったらこっそり教えて下さい(笑)

あとがき: izm(いずむ@Nanoマテリアる。)はこう思うよ。

いわゆるBLという呼び方って、昔からありました?僕が始めて存在を知った時は「やおい」っていう言葉が主な通称だったと思うんですよね。こうゆうブログをやっていると、時代と共に言葉は変わるんだな〜としみじみ思います。因に僕はコミックマーケットには一度も行った事がなくて、同人本も商業物しかあんまり見た事がありません。(むか〜し姉の部屋でいわゆる“薄い本”は見た事がある程度)なので、一度でいいからコミケにいってみたいのですよ。それであの凄い行列を体験してみたい(笑)まぁ一人では絶対行ける自信ないので…リアルに連れてってくれる友達ができるのを気長に待ちたいと思います。さてさて!そんなわけで今回はBL漫画の記事でした!時間ができたらヨネダコウ先生の二作品も是非読んでみたいな。

最近人気のこちらの記事もどうぞ☆

一次創作限定!本当に面白いオリジナルBL小説サイト100選!【おすすめ】

死ぬまでに絶対見たいオススメBLアニメ33選!永久決定版!

今すぐ読める!全て無料のBL漫画サイト7選まとめ!

Pocket

 - BL