く、悔しい!老眼鏡受けに目覚める!『クマとインテリ』が面白い! | Nanoマテリアる。

Nanoマテリアる。=通称ナノマテはBL[ボーイズラブ]・TL[ティーンズラブ]などの情報をお届けする“腐りかけ”メディアです。月間40万PV

おすすめのBL作品

く、悔しい!老眼鏡受けに目覚める!『クマとインテリ』が面白い!

Pocket

く、悔しい!老眼鏡受けに目覚める!『クマとインテリ』が面白い!

ねむこ
こんにちは、こんばんは、本日もナノマテをお読み頂きありがとうございます。ライターの[ねむこ]です。

この短編作品集の中で私が気に入ったのは、最初の二作、「コンテ」と「クマとインテリ」。どちらもやや連載が続いています。ただしこの二作、どちらも若者攻めの老眼鏡インテリ政治家受けなので、嫌いな方はご注意を。笑

今回は、ちょっと興味があるんだけど…どんな内容なの?という人の為に、レビューを書きます。是非参考にしてみて下さいね。

く、悔しい!老眼鏡受けに目覚める!『クマとインテリ』が面白い!

コンテ

一作目の「コンテ」は、人生を適当にやり過ごしてだらだら生きている青年・ネーリと右翼の体育会系弱小政治家・アルがメインの登場人物です。この正反対な2人ですが、2人はセフレとも恋人とも言えない微妙な関係にあります。

ネーリは他の人とも関係を持っているし、アルは自分たちの関係をはっきり定義していません。嫉妬の感情もなし。しかしこの2人、リバなので、どちらが攻めている描写もあるのですが、私は断然アル受け派。年上受けでインテリ眼鏡受け、たまりませんね。私は年の差はあればあるほどうれしいのです。

ネーリのリクエストで老眼鏡を掛けてネーリを受け入れつつも、一方で誰も聞いていないかもしれない自分たちの主張を街頭演説で行う彼には、ネーリでなくともキュンときてしまいます。ちなみにネーリの方は、老眼鏡の政治家が大好きという、一風変わった好みの持ち主。そんな2人の恋愛模様とアルの生き方を描いた本作からは、BL以上の何かが感じられます。

クマとインテリ

二作目は、首相経験者でもありながら、ゲイを隠して生きている政治家・ファウスト。バカンス先でいつも通り若い男を漁ろうとしていた彼だが、全然好みではないのに何故か心惹かれるクマのような若者・ブルーノと出逢う。

彼に誘われるがまま、共に自然の中に出かけていくファウストだが、思いがけない出来事が……あらすじはこんな感じです。

個人的には、今まで見た目の良い若者を抱いたことしかなかったタチのファウストが、まだ若いブルーノにガンガン攻められている様子がきます。ちなみにこの二人、続編の『アマート・アマーロ』に収録された作品では堂々と二人で一緒にいる関係になっていますので、その間に何があったのか、妄想が広がりますね。

この作品は罪深い作品で、私をインテリ老眼鏡受けに目覚めさせてくれました。

もともと年上が好きだったうえに、インテリ老青年が好きだった私ですが、まさか老眼鏡受けにハマるなんて……。他に供給がなさそうなので、供給不足に陥りそうです(笑)

ほかの作品も、ザ・イタリア!という感じの作品で、ジジイ受け以外が好きな人にもオススメです。ジェラートをお題にした書き下ろしもあるので、ジェラート好きは必見です。あの作品を読んでいると、ジェラートが食べたくてたまらなくなります。興味のあるかたは是非読んでみて下さい。

クマとインテリを今すぐ読む!

まとめ

そうそう、この独特な絵柄、どこかで見覚えが、と思った人もいたはず。そう、この本の著者、bassoというのは、オノ・ナツメさんがBLを描くときのペンネームなのです! 普段のオノ・ナツメさんが好きな人は、是非そちらとの共通点やギャップも楽しんでみてくださいね!

あとがき: [ねむこ]はこう思うよ。

ねむこ
この二作…侮れん。。。。

あなた向けのこんな記事もありますよ?
これぞノンケ×ゲイの醍醐味!『恋の話がしたい』が思わず身悶える!

 

Pocket


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ナノマテ_FB

この記事を読んだ人は、次にこんな記事も読んでますよ。

合わせて読みたい!こちらの記事も人気です。

ナノマテの中の人: izm (いずむ)

千葉県在住の25歳♂。当ナノマテは月間40万PV・女性率80%のサイトです。今欲しい物は可愛い弟と細い足。 →詳しく知りたい方はコチラ!