ナノマテ ナノマテ

Nanoマテリアる。=通称ナノマテはBL[ボーイズラブ]・TL[ティーンズラブ]・夢占いなど運営者izmの興味のあることを幅広く紹介する月間40万PVのブログです。

これぞノンケ×ゲイの醍醐味!『恋の話がしたい』が思わず身悶える!

Pocket

これぞノンケ×ゲイの醍醐味!『恋の話がしたい』が思わず身悶える!

ねむこ
こんにちは、こんばんは、本日もナノマテをお読み頂きありがとうございます。 ライターの[ねむこ]です。

現在では大人向け少女漫画から青年漫画まで幅広く活躍する漫画家、ヤマシタトモコのBL漫画。表題作の中編と短編が数本入った単行本なのですが、この表題作の中編がとにかく私のツボにハマりました。というわけで!今回はそのご紹介です。

       

これぞノンケ×ゲイの醍醐味!『恋の話がしたい』が思わず身悶える!

「恋の話がしたい」

まずは表題作の「恋の話がしたい」について。

大型犬系年下男子×無表情系年上男子という超王道カップリングなのですが、ポイントはこのカップルがノンケ×ゲイであるということ。

ノンケ×ゲイ。

私はノンケ×ゲイがものすごく好物だったりします。
BLでいちばんメジャーな組み合わせはと言うと、ノンケ×ノンケでしょう。「俺はゲイじゃない、おまえだから好きになったんだ」という運命の相手パターンです。

または「俺はこいつのことが好きだ……もしかして俺はゲイなのか!?」と苦悩するパターンです。

そして、次はゲイ×ノンケ。ノンケの受けがゲイの攻めにぐいぐい攻められて陥落する、という構図です。俺様攻めとか気弱受け、優柔不断受けに多いパターンですね。

そして、もっともマイナーなのがノンケ×ゲイとゲイ×ゲイ(バイ含む)。そして私が好きなのはこの二つで、この作品はそのなかでもノンケ×ゲイなのです。

この「恋の話がしたい」は、ノンケ×ゲイの素晴らしさに満ち溢れています。拒否されることを見越して告白したのに受け入れられてしまってどうすればいいのか分からない受け。幸せに慣れていないのでついネガティブになりがちな受けと、そんな受けに惹かれつつ「ネガ禁止!」と幸せを受け入れられない受けになんとか受け入れさせようとする攻め。

この幸せに慣れていない受けの懊悩が可愛くて可愛くて、こんなに幸せでいいのか分からなくなって、相手が自分に幻滅しないか不安になって、混乱して攻めを店に置いて帰っちゃうような受けが可愛くて、まあつまりこの作品の受けはとにかく可愛いのです。ノンケ×ゲイの醍醐味は懊悩する受けの可愛さにあります。

ノンケ×ゲイの良さが分からない人には、是非ともこの作品を読んで、そして懊悩する受けの可愛さに身悶えしてもらいたいです。

後ろの短編漫画も有り!

もう一つ、この単行本に入っているゲイの叔父さんと姪っ子のお話もオススメです。こちらはドのつくほどシリアスな、それでいて切ない作品。

視点は姪っ子視点。初恋の人だった叔父がゲイだと知って以来、恋ができない姪っ子。そんな彼女が家に遊びに行くたびに、連れ込んでいる男が変わっている叔父さん(どうやらネコの様子)。二人の微妙な関係と、姪っ子の複雑な感情が描かれています。

電話が鳴ったりインターホンが鳴ったりすると、必ず姪っ子に行かせず自分で応対しに行く叔父さん。そんな叔父さんの電話を盗み見た姪っ子が知った真相のあまりの切なさと、それに対して最後に姪っ子が取った行動に、胸が苦しくなります。

なお、叔父さんは眼鏡無精髭の推定30代後半~40代前半なので、「おじさんのBLはちょっと……」という人には向かないかもしれません(笑)気になった人は是非!オススメですよ。

恋の話がしたい (MARBLE COMICS)

まとめ

最初にもちょこっと書きましたが、ヤマシタトモコは大人向け少女漫画から青年漫画まで幅広く活躍する、今や知る人ぞ知る素晴らしい漫画家。BL以外では、このマンガがすごい!の女性部門で数年前に一位を穫った連作短編集・『HER』と、裸族のイケメンと女子高生の奇妙な同居生活を描いた『ドントクライ、ガール 』がイチオシです。

       

あとがき: ねむこ]いずむ はこう思うよ。

izm
最近ねむこのBL愛がマニアックすぎて…izmさん○○って知ってます?って言われてもわからないことが増えました…w一体どこで情報仕入れてるんや…

最近人気のこちらの記事もどうぞ☆

一次創作限定!本当に面白いオリジナルBL小説サイト100選!【おすすめ】

死ぬまでに絶対見たいオススメBLアニメ33選!永久決定版!

今すぐ読める!全て無料のBL漫画サイト7選まとめ!

Pocket

 - おすすめのBL作品