BL情報サイト BL情報サイト

Nanoマテリアる。=通称ナノマテはBL[ボーイズラブ]・TL[ティーンズラブ]などの情報をお届けする“腐りかけ”メディアです。月間40万PV

MW【ムウ】手塚治虫のBL漫画は一度は読んでおくべき名作!

Pocket

MW【ムウ】手塚治虫のBL漫画をご存知ですか?

日本漫画の礎をつくった巨匠・手塚治虫先生。有名過ぎて日本人なら作品を読んだことがなくとも、キャラクターや作品のタイトルは目にしたことがあると思います。
そんな手塚先生の数ある作品のなかで、唯一、ホモセクシャルが描かれた作品があるのですがご存じでしょうか?
実は筆者は最近知りまして、その洗練されたストーリーと綿密に練られたドラマに心打たれたのでご紹介いたします。

       

MW【ムウ】手塚治虫のBL漫画は読んでおくべき名作!

その名は「MW」

エムダブリューじゃないよ「ムウ」と読みます。
物語の序盤である第一章、主人公の1人である結城が殺人を犯したその足で幼馴染の賀来神父(もう一人の主人公)の居る協会へ向かうところからストーリーは始まります。

 

この結城、幼少期に訪れた島で某国軍の開発した毒ガス「MW」を浴びてしまったことで、常識や普通であることが極端に欠如した良心というものを全く持ち合わせない極悪非道な殺人鬼になってしまいます。

 

その時、同じ島に居合わせた若き日の賀来神父だけが、狂人となった結城の正体と、企みを知るただ一人の人物となってしまうのです。

神の救済と地獄の業火が複雑に織り込まれた、超大作

果たして、この作品をBLにカテゴライズしていいものか?それが大きな疑問ではありますが、結城と賀来神父の同性愛がこの物語の主軸となっているのは確かです。
毒ガス「MW」により狂ってしまい猟奇殺人を繰り返す結城と、結城を警察に突き出すことが出来るにも関わらず、法の裁きではなく神による魂の救済を結城に与えたいと祈る賀来神父。
救済することが自分の偽善で弱い自分の心の現れであると自覚がある賀来神父を誘惑し、共に堕ちていく共犯者に仕立て上げようと画策する結城。
結城に迫られると快楽に身を任せ、肉欲に溺れてしまう賀来神父の姿は、腐女子の視点で見ると究極の神父像だよなぁと思ってしまいました。

濡れ場の描き方も巨匠すぎ

絡み合う裸体や暗転を芸術的とも言える表現で描き、女装・男娼行為・同性愛をテーマにしていても、やっぱり神様は神様でしかありません!

 

結城が賀来神父を誘惑する言葉運びや、衣服を脱ぎ捨てて艶めかしい肉体を見せつけて賀来を陥落させていくシーンは、挿入バッチコイな本番絵が無くても十分ドキドキしてしまいます。

実は実写映画化されています

MW【ムウ】手塚治虫のBL漫画は一度は読んでおくべき名作!

2009年に玉木宏と山田孝之主演で映画化もされています。筆者は未見ですが、ネットの情報によると原作と映画は全くの別物らしいので、どちらを先に見るかで物語の受ける印象は違うようです。

       

まとめ

手塚治虫先生というと、「火の鳥」や「鉄腕アトム」「ブラックジャック」があまりにも有名すぎですが、他にも素晴らしく面白い作品がたくさんありますよね。

 

それが描かれてから暫く経った現在も非常に惹きつけられ、興味深く読めてしまうところが、漫画の神様はやっぱり神様だな!と思う所以だと思います。
以上、手塚先生の描く非常に深いピカレスクロマン、神父×殺人鬼「MW」を読んだ感想でした!

あとがき:[模造紙]はこう思うよ。

模造紙
手塚作品では「奇子」や「人間昆虫記」も面白いです!「MW」のテイストが好きな方はぜひ!!

こちらの記事もおすすめです!→これは新境地だ!…『SEX PISTOLS』はケモナー歓喜のBL漫画でした!

Pocket

 - BL

MW【ムウ】手塚治虫のBL漫画は一度は読んでおくべき名作!

Nanoマテリアる。=通称ナノマテはBL[ボーイズラブ]・TL[ティーンズラブ]などの情報をお届けする“腐りかけ”メディアです。月間40万PV

Copyright© Nanoマテリアる。 , 2017 All Rights Reserved.