甘い渇きは、君のせい―映画監督とこじらせ処女―あらすじ・ネタバレ

寒竹泉美『甘い渇きは、君のせい~映画監督とこじらせ処女~』―あらすじ・ネタバレ

izm
こんにちは、こんばんは、本日も[日本一のBL・TLメディア!ナノマテ]をお読み頂きありがとうございます。 izm(いずむ@Nanoマテリアる。)です。

 

大学の先輩って、それまでの学校の先輩より距離が近くてドキドキしてしまいますよね。初めて近くに感じる同世代の大人の人だからでしょうか。高校を出てまだ子どもだった私に、大学生の楽しさを教えてくれたのも、大学のサークルの先輩たちだったことを覚えています。先輩に教えてもらったことって、そのあとの人生に色濃く残っていくんですよね~。

今回は、この作品をご紹介いたします!

寒竹泉美『甘い渇きは、君のせい―映画監督とこじらせ処女―』―あらすじ・ネタバレ

あらすじ

山口千鶴(やまぐち ちづる)28歳は、お堅い公務員。祖母の残した古民家の維持と、ガーデニングに一生懸命で、恋愛は眼中にありません。

寒竹泉美『甘い渇きは、君のせい~映画監督とこじらせ処女~』―あらすじ・ネタバレ

ある日、千鶴が外でガーデニングにいそしんでいると、千鶴の背後で男性が倒れました。あわてて駆け寄ると、男性は千鶴の大学時代のサークルの先輩、萩原先輩でした。

寒竹泉美『甘い渇きは、君のせい~映画監督とこじらせ処女~』―あらすじ・ネタバレ

萩原先輩を介抱するため、千鶴は自宅の居間に布団をしき、そこに萩原先輩を寝かせました。萩原先輩は映画監督をしていて、まだ素人だった大学生のころから、自分の体力の限界まで編集作業をする人だったので、おそらく今回も疲労がたまりすぎて倒れたのだろうと予測できました。
実は千鶴は、新入生歓迎会で観て感銘を受けた映画が、萩原先輩の制作物だったと知ったその日から今まで、ずっと萩原先輩のことを想っていました。

萩原先輩「俺、夢を見ているのかな。千鶴が俺の腕の中にいるなんて。」

そう言って萩原先輩は千鶴を抱きしめました。千鶴は萩原先輩が寝ぼけていると思い、夢ですよ、と答えました。

寒竹泉美『甘い渇きは、君のせい~映画監督とこじらせ処女~』―あらすじ・ネタバレ

萩原先輩は千鶴の服を脱がせ、千鶴の体を愛撫しました。千鶴はされるがまま、萩原先輩の愛撫を受け入れ、絶頂のあとそのまま眠りにつきました。

しかし千鶴は大好きな先輩との夜を夢にしたがります…その理由とは…?!

続きはこちら↓

まとめ

謎の多いお話ですね~。明らかに両想いなのに、なぜ夢にしたがるのやら。とても続きが気になります!
しかし大学の先輩がよりどころとして自分を選んでくれるなんて、素敵ですよね。いくらでもうちにいてください!て感じです。

それから、特筆すべきは表紙のカラーのキレイさですよね!!美しすぎて見入ってしまいました♡

お堅い公務員の千鶴と、自由な映画監督の先輩、これからどうなってしまうのか。目が離せません!

 

izm
読みたいTL漫画が見つからない?
そんなあなたには、こちらの記事もオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。