年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

とろけるような義兄の優しすぎる愛に酔いしれる名作… | 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

義兄の優しすぎる愛に酔いしれる名作... | 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アイプロダクション/著:八重代七瑚/甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜

本日は、純朴な雰囲気を見せつつもこちらへじわじわ突き刺してくる、背徳のカタチにとても引きつけられたお話です。ご紹介いたします。

甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

ヒロイン・五十嵐瑠璃(いがらし るり)に義理の兄が出来たのは、父親の再婚がきっかけでした。

まだ小学生だった瑠璃と義兄の駿(しゅん)。顔合わせ当時、幼さ残る二人は恥じらってしまい挨拶さえままならなかった。
それから月日は巡り、瑠璃は大学一年、そして兄の駿は大学二年となり、同じ大学へ通うほど仲のいい兄妹になっていました。

義兄の優しすぎる愛に酔いしれる名作... | 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アイプロダクション/著:八重代七瑚/甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜

ここまで読んでいると、ほのぼのとした幸せな感じが漂うのですが…、
このお話、そういうわけでもないのがミソです。

瑠璃はお弁当を作るために、駿より早く起きるのが日課でした。でもその日は駿も早く起きてきたせいで、ちょっとした事情がバレてしまうんです。

それは、『瑠璃は義理の母親から瑠璃は良く思われていない』ということでした。

実はこのお弁当、駿の分は母親が用意しているんです。なのに瑠璃は自分で用意しなければならないって…。
朝食だって駿の分は用意するけど瑠璃の分は自分でやるようにという母親。
駿も「お弁当なら母さんに言えばいいのに」というのですが、

その日、瑠璃が母親から冷たくあしらわれているやり取りの一部を、駿は偶然聞いてしまったんです。

駿の前では瑠璃にも優しい母親ですが、まさに息子びいきしている感じが強く、瑠璃が切ない感じなんです。かわいそう。

朝のことが気になった駿は、大学へ向かう途中、瑠璃に尋ねてみるのですが、

瑠璃「お弁当も私が勝手にしてるだけだから。それだけ」

笑顔で答える瑠璃。瑠璃と母親の間に何があったのかまだわからないのですが、相当根は深そうです。

混雑してきた車内、当然のように瑠璃をかばう駿。

義兄の優しすぎる愛に酔いしれる名作... | 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アイプロダクション/著:八重代七瑚/甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜

この身の預け方といい、兄妹とは思えない何かを感じませんか?気になります。

このように瑠璃を心配してくれる駿ですが、一方で駿は非常にモテるんです!
文武両道、女がほっとくわけないほどのスペックの駿に彼女はナシ。でも瑠璃の友達は、それこそおかしいと思っているわけです。

瑠璃だけが知っている駿の姿があるのですが…それを明かすことはなく、
夜、帰宅すると家は瑠璃と駿の二人きりでした。

夕食の準備をしていた瑠璃、考え事をしていたせいで指を切ってしまいます。それに気づいた駿は、瑠璃の傷口にそっと唇で触れます。

それが合図となって、駿は瑠璃の首筋へとキスを….

義兄の優しすぎる愛に酔いしれる名作... | 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アイプロダクション/著:八重代七瑚/甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜

昨日できなかったこと?
昨日何したの?この二人、やっぱり何かあります!

続きはこちら↓

いくつも散りばめられている謎、それが余計に背徳感を高めてくるのでこちら読み応えがあります!
ぜひチェックしてみてください♪

この本を読んだ方、ぜひコメントで感想を教えてください♡

メールアドレスが公開されることはありません。