なんでもありかよw文豪失格がとにかく笑える作品だった。

話題の新作ボーイズラブはこれだ!
試し読みする
試し読みする
試し読みする
試し読みする
試し読みする

Pocket

izm
こんにちは、こんばんは、本日も[日本一のBL・TLメディア!ナノマテ]をお読み頂きありがとうございます。 izm(いずむ@Nanoマテリアる。)です。

漫画「文豪失格」を知っていますか?
COMICリュエルにて連載されている、文豪がテーマのオールギャグ作品です。
今回こちらの記事では、そんな「文豪失格」について紹介します。

なんでもありかよw文豪失格がとにかく笑える作品だった。

どんなストーリー?

舞台は「天国・明治地区」

そこには芥川龍之介、太宰治、夏目漱石、中原中也…などなど、近代に活躍した文豪たちがたくさん暮らしています。
そんな文豪たちの日常を、面白おかしく描いた作品です。

どこが面白いん?

「文豪失格」の魅力は様々ありますが

●とにかく面白い!
ラノベ執筆のために、芥川や漱石たちがメイド喫茶に行ったり、太宰がコミケに出店したり…とにかくこの世界での文豪は楽しそうで面白いです。思わず笑ってしまう場面もたくさん。

●キャラデザが魅力的!
原作はドラマCD「文豪シリーズ」のものであり、キャラデザも引き継がれています。

たとえば、芥川龍之介は…

renta!で文豪失格、を今すぐ読む!

この真ん中です。

太宰治はこんな感じ。

ほくろが史実通りなのがポイント。なんだかポーズも一緒ですね。

●実はためになる?
とにかく面白い文豪失格ですが、実はとってもためになるのです。
文豪エピソードはもちろん、文学作品からの引用もあるので、作品を知るきっかけにもなりますよ。
かなりの情報量です。

※ちなみに川端康成は「美少年好き」

まとめ

以上が、「文豪失格」魅力紹介でした!
たくさんある文豪をキャラクター化した作品の中でも、とにかく笑えて面白く、ためになります。
現在コミックス3巻まで発売されていますので、気になった方はぜひ読んでみて下さいね。

あとがき: izm(いずむ@Nanoマテリアる。)はこう思うよ。

izm
原作知らなくてもサクサク読めるのは嬉しいよね。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。