童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:オトメチカ出版/著:晴瀬リン/童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜


存在感が薄く、誘われもせず、気にかけられもせず。そんな女子の得意なことは“妄想”だったんです。その妄想が引き寄せたまさかの出会いがヒロインを変えていくのですが…。
本日はこちらの作品をご紹介します!

童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

島谷立花(しまたに りっか)23歳、黒髪ロングにメガネの彼女は存在感の薄い女性でした。恋愛経験もない彼女でしたが、その分、妄想力が優れていたんです。

童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:オトメチカ出版/著:晴瀬リン/童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜

こんな具合に。

誰もいないオフィスで好きな上司に体を弄られている自分を妄想したり、金曜日の数時間だけは別の自分になることだったり、見た目からは想像できない世界を持っていたのです。

そして金曜日、ゆるく巻いたウィッグをつけ、肩出しトップスにミニスカートと普段の立花からは想像できないファッションで行きつけのバーへ向かいます。 名を“マリ”と名乗り立花を封印。
ていうかこの立花はめちゃくちゃ可愛くて、金曜と言わずに常にしてたらとも思うのですが、それが彼女の思い描く理想の女子の姿だったんです。

案の定、一人でいたところを声をかけられます。
真面目そうな青年、誰かと思いきや、それはまさかの上司だったんです。

童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:オトメチカ出版/著:晴瀬リン/童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜

黒田肇(くろだ はじめ)、立花が妄想で抱いてもらった上司氏です。

しかし、黒田は立花に気づいている様子はなく、二人は会話を弾ませます。マリでなければ、黒田課長と飲む機会なんてなかったと思うと、立花はとても幸せに感じてしまうのでした。

そして別れ際、

黒田「もう少しいっしょにいたいんだけどダメかな」

積極的な課長にときめき、立花はホテルへ向かいます。そして黒田はシャワーへ。
慣れてしない立花はそわそわしながら、誤ってアダルトチャンネルをつけてしまったりと落ち着きません。
けれど、画面の向こうでセックスしている姿にじわじわと体が熱くさせます。

それから黒田課長にキスされて、ベッドへなだれ込む二人。課長からはいい香りがしてきて、立花は黒田に体をゆだねますが…

黒田課長、立花の背中に指を這わせますがなかなかホックが外せないんです。すると、

黒田「あーもう嘘つくのムリ!!」

黒田「ブラの外し方なんかわからないっ…」

黒田「俺、ほんとは童貞なんだ!!」

!!!??
雰囲気ぶち壊しの大胆すぎるカミングアウトをかまされます!

そう黒田課長は童貞だったのです。
職場では気丈に振る舞う黒田でしたが、中身は童貞である自分を恥ずかしいと悩んでいたのだそう。

そんな、突然の告白にもかかわらず立花は胸を打たれます。だって自分も別の自分を演じているのですから。

童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:オトメチカ出版/著:晴瀬リン/童貞上司の練習相手に選ばれました。〜金曜夜は不埒なレッスン〜

しかし黒田の大胆な要求は止まらず。一体どうなってしまうのでしょうか。

続きはこちら↓

マリであることを隠している立花がどうなるのか非常に気になりました。もう十分に相性が良さげな二人ですが、セックスの練習相手になってしまうのか。ぜひ続きも楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。