寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?―感想・あらすじ・ネタバレ

寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?―感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:モバイルメディアリサーチ:著:タオカ/寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?


izm
こんにちは、こんばんは、本日も[日本一のBL・TLメディア!ナノマテ]をお読み頂きありがとうございます。 izm(いずむ@Nanoマテリアる。)です。

大人になるにつれ、忙しさにかまけて、なかなか自分のために時間を使えなくなってきていませんか?そんな時は、何か人生に色を付けてくれるような素敵な出会いがあれば…なんて思ってしまいますね。

ときめく相手の存在も、自分の生活に充実感を与えてくれる1つのエッセンスです。
今回ご紹介するのは、こちらの作品です!

寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?―感想・あらすじ・ネタバレ

あらすじ

せっかく憧れの街東京に出てきたのに、仕事と家の往復ばかりで、楽しみの1つも見出せない戸村梓(とむら あずさ)は、自分の枯れきった日常を変えてくれる何かを求めていました。
梓の住むマンションの近所には、爽やかなイケメン男子高生が暮らしています。

名前も知らない彼は、マンションの共同スペースで梓を見かけると、フランクに声をかけてくれ、梓は自分が過去に失った若さであるとか、彼から放たれているまぶしさを好ましく思うのでした。


わかる~。年々男子高校生がキラキラして見えるようになっている気がします…。

寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?―感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:モバイルメディアリサーチ:著:タオカ/寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?

梓は仕事が終わり、同期の寿退社を祝う飲み会に向かいました。同じ職場で働いてきた戦友が、1人また1人と結婚して減っていくことへの寂しさを感じ、ビールのピッチが上がってしまう梓。

周りにいる後輩たちが、梓にも結婚の予定を聞いてきますが、梓は20歳をゆうに越えた現在、まだ異性との交際経験がなく、そのことへのコンプレックスがさらに梓の暗い気持ちを後押しし、それを振り払うように酒をあおってしまうのでした。
かわいいのにこれはつらいですね~。結婚の話は時に残酷ですもんね…。

飲みすぎてベロベロに酔ってしまった梓でしたが、それでも1人で自宅まで帰りました。しかしマンションの部屋までたどり着くと目の前がグラグラと周り、立っていられずベッドに倒れ、そのまま眠ってしまいます。

夜中に目を覚まし、隣に人の気配が!驚くことに、隣には近所に住んでいるイケメン少年が眠っていたのです!事態が飲み込めない梓でしたが、こんな貴重な体験は二度とないかもしれない…、そう思って少年の寝顔を凝視し続けました。

すると少年が寝返りを打ちます。梓は反射的に少年に背を向けました。
眠っているはずの少年は、梓の服の中に手を差し伸べてきます。

寝ぼけているのだろうと我慢していたら、背後から声がしました。

少年「お姉さんダイタンだね。」

驚いて飛び起きた梓。周りを見渡すと、そこは知らない部屋でした。梓は酔っ払いすぎて部屋を間違え、鍵の開いていた少年の部屋に迷い込んでおり、図らずも少年に夜這いをかける形になってしまったのです。

逃げようとする梓をベッドにくみ敷いた少年は、梓を逃がすまいと服を脱がし、

少年「もっと屈辱的なことしてあげる♡」

寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?―感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:モバイルメディアリサーチ:著:タオカ/寝たふりしてたら強引エッチ~本気になるまで抱いてイイ?

そう言って梓を責め立てます。梓は自分より年下の少年に、初めての快感を与えられてしまったのでした。
刺激的すぎる経験になってしまいましたね♡

翌日、出社した梓は衝撃の事実を知ってしまいます。
イケメン少年は、梓の職場に新しく入ったバイトくんなのでした!!

つまらなかった職場と家の往復に、思わぬ刺激を取り入れることになった梓。
今後の梓の運命やいかに!?

続きはこちら↓

まとめ

えろ~い!!少年のいたずらな表情と、梓のおっぱいがエロい…!生意気な年下萌えの方にはたまらない作品ですよ。どんなに結婚が遅くても、交際経験が少なくても、歳の離れた年下の男の子に欲情してもらえるなら、もうなんでもいいじゃないか!そう思ってしまいました。

萌えが止まらない…。

1話完結じゃなく、この後オフィス編に入っていって、さらに盛り上がると思われます!みなさん一緒に梓の今後を追っかけましょう!

 

izm
読みたいTL漫画が見つからない?
そんなあなたには、こちらの記事もオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。