年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

如月一花ってどんな人? / TL作家を紹介します!Vol,2

如月一花ってどんな人? / TL作家を紹介します!Vol,2

作者名:如月一花

Twitter@ikkakisaragi88

今イチ推しの作品♡

生真面目なのに獰猛な鉄道員(ぽっぽや)~豹変した彼は性欲の塊~
  • レーベル:ラブチュコラ
  • 出版社:笠倉出版社
  • 電子書籍配信先:めちゃコミ(先行配信)、renta!、シーモア、アマゾン、hontoなど
ひとことコメント

はじめまして。如月一花です。

獰猛鉄道員(ぽっぽや)では原作を担当しております。

TL小説の電子書籍を四年ほど前から出させていただき、以来ずっと書いておりましたが、今回漫画原作に関わらせて頂くチャンスをいただきました。 今もTL小説を並行して書いております。そちらもよろしくお願いいたします。

TL作家になった理由ですが、それまで普通の恋愛小説を書いていて、行き詰っていました。 恋愛を大いに盛り上げて(御曹司とか富豪とかから愛されて)、肝心な官能シーンはバッサリない。 朝になったら裸でベッドで寝ていて、『私、もしかしてエッチしちゃった?』というパターン。 でも、エッチしたことを「あれ?」みたいに綺麗さっぱりごまかすのに、ちょっと疲れていました。あと、恋愛を書くのが下手だったというのもあります。

恋愛小説は一目惚れが許されないので、どうして好きになった? なぜ? どこを好きになった? という問いにも疲れていました。 私の恋愛なんてほとんど一目惚れ……だよ、なんて本音を胸に仕舞いつつ、無理やり書いてました。

タイミング良くTL小説を書き始めて、最初は物凄く官能シーンが難しかったのですが、やっぱりエッチしてこそ恋愛だよね! と思った途端に、NLには戻れなくなり……。 何度か戻ろうかとチャレンジしましたが、もうエロをエロく書きたい、そんな私には無理でした。 私の小説は、純粋に恋愛小説を読みたい人向けじゃないんだと、最近では思います。 とくに、獰猛鉄道員(ぽっぽや)では、担当編集さんがエロを褒めてくださるので、私もエロ、もっと頑張ろうと思っております! ただ、TL小説もベースは恋愛小説ですので、先ほど書いた恋愛の部分がどうしても苦手ではあります。

獰猛鉄道員では、月野先生がその点でかなり補完してくださっております……。 小説では編集さんが愛の鞭を入れてくださっています!

私の作品は電子書籍がほとんどですので、これをきっかけに小説も読んでいただけたら嬉しいです。 紙書籍も二冊出しておりますので、よろしければお手に取っていただければと思います。

長くなりましたが、TL小説、TL漫画ともども、どうぞよろしくお願いいたします。

 

この本を読んだ方、ぜひコメントで感想を教えてください♡

メールアドレスが公開されることはありません。