年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

相手を恋愛対象として見始めるあのドキドキ感!!|純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

相手を恋愛対象として見始めるあのドキドキ感!!|純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:小学館/著:獅山雨為/純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。

兄妹のフリをしていただけっていうこの関係。義兄妹設定とは一味違う、ロングセラー作品をご紹介いたします。

純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

桃野庵(ももの いおり)24歳。庵は自分にあるタイムリミットを課していました。それは、“25歳までに結婚すること”!

ですが、24歳最後の夜も仕事に追われ、職場である編集部で25歳の誕生日を迎えてしまいます。

“25歳までに結婚すること。それも説明が面倒じゃない普通の結婚。”

意味深な決意に聞こえますよね。とはいえ、仕事しかしていない庵、結婚どころか恋人もいませんでした。

しかし、夜遅くに帰宅すると玄関先に誰かが立っていました。

相手を恋愛対象として見始めるあのドキドキ感!!|純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:小学館/著:獅山雨為/純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。

彼は庵の兄、青(あお)です。といっても、彼、本当のお兄さんではありません。

庵はちょっと複雑な事情の10代を過ごしており、兄の青とは表向きは兄妹という関係でいることを強いられてきました。でも戸籍上は全くの他人で血縁関係もありません。不思議な関係ですね。

青は庵の誕生日を祝うため、待っていたんです。

相手を恋愛対象として見始めるあのドキドキ感!!|純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:小学館/著:獅山雨為/純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。

優しいお兄ちゃんじゃないですか!
ですが、その花束の中にとあるものが入っています。広げてみると、それは『婚姻届』。

婚姻届…?

実は青、庵の決意を覚えていたんです。“25歳までに結婚すること。それも説明が面倒じゃない普通の結婚。”を。

そしてそれには続きがあって、

“「もし出来なかった時は、俺が庵をもらってやるから安心しろよ」”

それぞれの中に刻まれていた約束と決意が、庵の25歳の誕生日に動き出したわけです。

そもそもこの二人、なぜ兄妹のふりをしていたかというと、

庵の母と青の両親が大学時代の親友で、
その後、庵の親は離婚を。青の親は母親の他界があり、
単純に、親友同士のふた家族が同居したことから始まったのだそうです。

けれど、庵の母と青の父が結ばれたというわけではなく、でも他人にいちいち説明するのは面倒。ということで、庵と青は表向き「兄妹」とフリをすることになったんだそうです。

とはいえ、今はそんな必要のない二人。だからって、今まで兄として接してきた相手と結婚だなんて!でもその特別な感情はそれほど難しいものではなく…、

おそらく「兄妹」のフリをしていた時から、庵の中にあったのかもしれない“特別な想い”。
突然、男になって迫る兄の青に戸惑う庵です。

相手を恋愛対象として見始めるあのドキドキ感!!|純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:小学館/著:獅山雨為/純正偏愛レシピ—抜け出せない愛、処方します。

顎を掴んでのこのキス!この二人、めちゃくちゃ気になります!

続きはこちら↓

相手を恋愛対象として見始める、あのドキドキ感が詰まったお話。胸キュンを味わいながら楽しめます♪ぜひ本編をチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。