年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

君に不法侵入したいー感想・あらすじ・ネタバレ

君に不法侵入したいー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:KATTS/著:夏葉ヤシ/君に不法侵入したい〜絶倫営業マンと妄想書店ガール


興味を誘われるアブノーマルなタイトルですが、期待を裏切らない展開が満載でした。“命令”されたい願望のある人は満足できる内容ではないでしょうか。さっそくご紹介いたします。

君に不法侵入したい〜絶倫営業マンと妄想書店ガールー感想・あらすじ・ネタバレ

あらすじ

書店員の七栗もか(25)は本が大好きで、中でもロマンス小説はお気に入りでした。その日も、自分好みの書籍売り場が完成しご満悦のもか。すると、店回りでやってきた出版社営業の白原優人(しらはら ゆうと)が、もかへ声をかけます。

白原はかっこいい上、自分に自信を持っており、もかは少し苦手意識がありました。

君に不法侵入したいー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:KATTS/著:夏葉ヤシ/君に不法侵入したい〜絶倫営業マンと妄想書店ガール

そんなもかにとって、仕事の後の楽しみが “マロン”というペンネームの自分になることでした。その名前でロマンス小説の書評をブログにアップしたり、自分でも小説を書いたり、とにかくロマンス小説は“生きがい”だったのです。

小説を読みながらその情景を思い起こしてドキドキ。その日の自作の小説では、ヒーローの設定をあの苦手な白原に当てて妄想するほどでした。誰にも迷惑をかけないひとりの世界って楽しいですね。

けれど、出来ることなら誰にも知られたくない趣味。
翌日、もかが昨夜の小説のことを考えていたところ、突然白原がやってきます。
妄想の中で抱かれていた相手が目の前に現れ、なんとなく顔を背けるもか。すると白原が…、

君に不法侵入したいー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:KATTS/著:夏葉ヤシ/君に不法侵入したい〜絶倫営業マンと妄想書店ガール

口説いているわけではありません。これは、もかが昨晩書いたロマンス小説の台詞だったのです。なんと白原は“マロン”がもかだと気付いていたのでした。…SNSって案外素性を隠せない!?

ですが、白原はブログのことは黙っていてくれようとします。その代わりとして、白原はもかにノーパンで仕事をすることを要求したのです。

そう…、白原もアブナイ男なのです。

もかにとってロマンス小説を書く楽しみは奪われたくない! “マロン”のことを内緒にしてくれるのならと、もかは自らのパンツを差し出します。恥ずかしいことをしているのに、もかはその状況に興奮を覚えてしまうのでした。

さらに、白原は棚の上に置いたもかのパンツを、脚立を使わせて取らせようとします。ですが、もかは足を滑らせて落下!

間一髪…白原がお姫様抱っこで受け止めてくれます。

その拍子に脚の付け根へ滑り込んだ白原の手が、もかのきわどい部分に触れ、あそこが濡れていることに気づかれてしまいます。

君に不法侵入したいー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:KATTS/著:夏葉ヤシ/君に不法侵入したい〜絶倫営業マンと妄想書店ガール

もか本人が、ロマンス小説のヒロインさながらの扱いを受けることに。この二人…どこまでする気なんでしょうか。

続きはこちら↓

まとめ

Mっ気のある人なら、白原のエッチな要求に興奮してしまうかもしれないお話です。それに加え、イラストも綺麗なのでドキドキを誘われます。ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。