年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アムコミ/著:秋芳あめり/昨日イッた回数覚えてる?〜肉食上司の執着エッチ〜

タイトルからして絶倫系なお話かと思いきや、今や社会問題となっている、自分を犠牲にしてまで仕事をせざるを得ないヒロインのエロきゅんなお話でした。心配なほど…人生に絶望しています。

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

あらすじ

紺野海羽(こんの みう)29歳は、サービス残業は当たり前といういわゆる社畜でした。キャパオーバーの仕事にひたすら耐える海羽。結局、その日も終電時間を過ぎ、帰るのが面倒になった海羽は、行きつけのバーへ寄ったのちネットカフェへというお決まりのコースを選択します。

バーで1人、うなだれる海羽。激務のせいで遊ぶこともできず、彼氏もいたことがない自分は、人並みの幸せすら手に出来ないだろうと思うと、何もかもが嫌になり独り言が止まりません。
すると、若いバーテンが海羽へホットワインをサービスします。バーテンは海羽の独り言が聞こえていたようで、気遣ってくれたようなのです。それから、少し話しをしているとバーテンは海羽へこう言います。

バーテン「彼氏いないなら私…なんてどうですか?」

初めて言われた言葉に心が動かされ、海羽はバーテンの年齢を尋ねますが、相手は自分より年下とわかり冷静に戻ります。からかわれているのだと思ったのか、そこからますます愚痴をこぼす海羽。しまいには「もう消えたい」とまで口にします。すると…。

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アムコミ/著:秋芳あめり/昨日イッた回数覚えてる?〜肉食上司の執着エッチ〜

彼、年下とはいえとても紳士なんです! 頭ごなしに叱るのではなく、この物腰の柔らかさ。
海羽は思わず泣き出してしまいます。涙の勢いは止まらず、と同時に酔いも回ってしまったようで、心配したバーテンは海羽を自宅まで送ってくれることに。

1人で歩けない海羽をベッドまで運ぶバーテンでしたが、海羽の姿を見て、癒してあげたいという気持ちが沸き起こります。そして、海羽へ唇を重ねるのでした。もしやこの年下君は…肉食系!?

海羽は男の人と付き合ったこともない処女です。拒まなければと頭ではわかっているのに、こんな感情に襲われます。

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アムコミ/著:秋芳あめり/昨日イッた回数覚えてる?〜肉食上司の執着エッチ〜

すでに様々なことを我慢している海羽の正直な気持ちにハッとする瞬間でした。女子だって、寂しい時は求めたくなるもの。しかもイケメン優男なんてそうそう出会えません。
名前も知らない男の人なのに、初めての感覚にどんどん堕ちていく海羽。そして——

昨日イッた回数覚えてる?ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:アムコミ/著:秋芳あめり/昨日イッた回数覚えてる?〜肉食上司の執着エッチ〜

海羽の処女を貰いたいという彼と体を繋げた海羽は、そのまま強い快楽に溺れていくのでした。

続きはこちら↓

まとめ

このお話、Hシーンの描写がとてもエロきゅんもので感情移入必至です。のちに、彼の名は園山陽琉(そのやま はる)とわかるのですが…、
どうしてわかるかというのは、是非続きを確認してみてください。

この本を読んだ方、ぜひコメントで感想を教えてください♡

メールアドレスが公開されることはありません。