「 お父さんと呼んでくれないか? 」理想の息子は金で買えるんだねって話。

izm
こんにちは、こんばんは、本日も[日本一のBL・TLメディア!ナノマテ]をお読み頂きありがとうございます。
izm(いずむ@Nanoマテリアる。)です。

前回の、「だが、男だ。」僕が20歳の時に富豪相手にカラダ一つで月80万稼いだ話。に引き続き、
今日も自分のお話を少々…どうぞごゆっくり。

「 お父さんと呼んでくれないか? 」理想の息子は金で買えるんだねって話。

 

「 お父さんと呼んでくれないか? 」

この言葉を言われたのは僕が19歳の時。
相手は38歳のアートディレクター、男。

僕は若いころウリをしていた。(自由恋愛)
理由は優れた音楽家になりたかったからだ。
チョーキングがいいね!と言われる弦楽器奏者は生まれつき頭がおかしいやつか、人とは違う経験をしているやつしかいない、と思っていたから。

僕は後者だ。

(※チョーキングとはギターとかベースの弦を引っ張ってギュイーンってやるやつのこと。
泣きのギターソロとかで使われる。)

その男は代々木駅の自宅に僕を招いた。

「ここいら一帯は、昔のデザイナーズ物件が数多くあるんだよ。外観はちょっと汚れてるけど、中は綺麗」


僕はふーんとしか思わなかったが、自宅の内装は確かに個性的だった。

玄関から居間に入る前に4段ほど階段がある。
その小さな階段を上がると中央には無垢の一枚板のローテーブル。

フローリングも無垢で、木のいい匂いがした。
キッチンにはとても小さなシンクと1口IH。これじゃ料理はできない。

壁には絵がたくさん掛けてある。

家族がいてもおかしくない広さなのに、一人で住んでいた。

差し出されたお水をもらいソファに腰をかけると、
一眼レフで僕を撮り始めた。

「パーツ以外ダメですよ」

「わかっているよ」

静かな部屋だから、

カシャ

と音がよく聞こえてくる。

変わった人だなぁと思いながらも、写真なんて撮られることがないからちょっと嬉しくもある。本当に静かだった。

「おいで」

と寝室に招かれる。

この瞬間はいつも怖い。僕が恐れるのは監禁と薬物の強制接種だ。
これをやられたら死を覚悟していいと、いつもそう思っていた。

ただ、もしもの為に保険はかけていた。
以前のnote投稿で出てきた富豪の女の部下(味見してきた女)に連絡先を渡していた。

「あなたが心配だから。なんかあったらこの子に連絡しなさいね。」

母親かよって思った。

ちなみに連絡したことは一度も無かった。

「僕は地方でアートの祭典を開くのが仕事なんだ」

男の寝室には絵がたくさんありイベントのフライヤーなんかも置いてあった。

「自分でも描いてたけど、今はあまり描かないよ。人の作品を飾るのが僕の仕事」

「この子の作品は阿呆と知的のバランスがいいんだよ」とか
「逆にこの子はルーツがはっきり前に出ちゃってるから、ちょっとつまんないよね。」とか。

男は自分が飾る人の作品を色々と説明してくれた。
僕は現代美術なんて知らなすぎてろくな返答をしてなかった。

この人は同じ時間を過ごすのが好きなのかな。寂しいのかな。でも結局はやるんだろーな。

色々と考える。

「一緒に寝よう」

「はい」

文字通り一緒に寝た。
しかし、ただの添い寝だった。

意外すぎて「服、脱ぎますか?」と聞いたが、
僕をそういう目で見ないでくれと、なんだかしょんぼりしていた。
なんだか悪いことしたなと思い、ぎゅっとしたら強くぎゅっと返ってきたから、この人は寂しいんだなと思った。

「寂しさを金で埋める」

この人はそのパターンかなと思った。

「寂しさを金で埋める」のは過去のウリで学んだ1パターンだ。
僕はもしそうだったら嬉しいなと思った。

自分の学んだ通りに物事がハマるとぞくぞくしてしまう。だって人って状況・思考回路・経験則の掛けわせで無限のパターンの感情を吐き出すから。いち僕の経験測からくるものと一致しそうになったら、それはルーレットの球が入るか入らないかの瀬戸際、といったスリルを感じることができる。

これって面白くないわけがない。面白いのは良いことだ。

ただ結果は面白くない。
正確にいうともっと面白くなった。

「そろそろ、時間です。」

「そうか…」

「またいつでもくるから..ね」

「いや、もう来ないでいい、送るよ」

「じゃあね、さよなら」

と、同時に手を差し出してみた。これは僕の悪いところだ。

「 一度でいい、お父さんと呼んでくれないか 」

すごい闇がでてきた。奇跡だ。

「ごめんなさい」

一言残し、その家を去った。

彼からはその後も月に2回ほど呼ばれ、自宅に招かれた。
彼は僕を抱きしめるごとにお金を渡すのだった。

「 お父さん 」

理想の息子にはなれていたのだろうか。

僕はどんどんチョーキングがうまくなる。

あとがき: izm(いずむ@Nanoマテリアる。)はこう思うよ。

ちなみに本当の息子さんは存命です。
なにがあったまでは聞いていません。聞く必要もないでしょうしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。