年間100冊TLコミックを読むデザイナーの個人ブログ💋

待って。まさか知り合い?!溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

待って。まさか知り合い?!溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:極上ハニラブ編集部/著:石月メロコア/溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!

ベッドの上では甘やかしてくれない溺愛男子の登場です。本日のお話はこちら♪

溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

憧れの先輩の結婚式へ参列してきたヒロインの七森なずなは、式が終わって一人、行きつけのバーにいました。

先輩のことが好きだったなずな。先輩に振り向いてもらおうと自分磨きもしてソコソコ手応えも感じていたのに、
結果、先輩は自分を選んでくれなかったという流れからのヤケ酒でした。

そんななずなへ、一人の店員さんがサービスのお酒を持ってきてくれたんです。

待って。まさか知り合い?!溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:極上ハニラブ編集部/著:石月メロコア/溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!

この爽やかなイケメン。傷心のなずなは“天からのご褒美!”と食いついきます。

なずな『ねえねえちょっと君、おごってあげるから一緒に呑みましょ…?』

って、めっちゃ絡む系なんだ。
けれど、店員さんはそんななずなを微笑ましく思ってくれるみたい。なずな、楽しくお酒を飲んじゃいます♪

二時間後…。

他の店員さんたちはなずなの様子を見てため息。案の定、もう一人で帰れる状態でないほど酔い潰れていました。
でも、なずなと付き合っていた店員さんが気を利かせて、

『あ、店長大丈夫です。俺、知ってる人なので送りますよ』

って言ってくれたんですが…
え、なずなのこと…知ってるんだ。あれ、なんか怪しい?

待って。まさか知り合い?!溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:極上ハニラブ編集部/著:石月メロコア/溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!

その抱き方…もう恋人みたいじゃない?狙ってる?

こうして、お持ち帰りされたなずな。
家についても完全に酔っ払っていて、警戒心ゼロの無防備な姿でベッドに横たわります。
エロすぎるなずなに対し、彼は戸惑いながらも注意をするんですが、

『あんまり無防備にしてると、いたずらされちゃうよ…?』

そう言いつつ、なずなの上に覆いかぶっていく彼。可愛い顔してやっぱそうだよね?
ですが、一枚上手だったのはなずなの方でした。

自分の上に覆い被さってきた彼にキスをしたのはなずなの方からでした。先手必勝と言、酔い顔で微笑みます。

なずな『いいよ…して…?いたずらとか…もう…さみしくって死にそう…なんだもん…』

何このセリフ!なずなって、男性キラーなの!?

待って。まさか知り合い?!溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!ー感想・あらすじ・ネタバレ

画像引用元:極上ハニラブ編集部/著:石月メロコア/溺愛ストーカー〜お隣さんはヘンタイ絶倫わんこ!!

そんないいわけ、通用するわけなーい!
ここからは、めちゃくちゃエロく二人は絡み合っていきます。お酒も入っているせいか、気持ちよくて仕方ないなずな。これで傷ついた心も慰められるかも…

名前も知らない彼だけど、なずなは絶頂を迎え、眠りにつきます。

そして翌朝、なずなが目をさますと、彼は隣で微笑んでいました。

『にゃーちゃん♪かわいい寝顔だったよ。おはよ』

これ、なずなが幼い頃に呼ばれていた呼び方だったんです!

続きはこちら↓

甘い感じの雰囲気から、攻めスイッチを入れてくる彼の姿にきっとハートを鷲掴みされるはずです!年下っていうのもまたポイント。ぜひ読んでみてください♪

この本を読んだ方、ぜひコメントで感想を教えてください♡

メールアドレスが公開されることはありません。